記憶回路

犬猫飼い、旅行好き、東京在住の写真屋MASAYAのブログ

エンディング

f:id:msy15151:20180307003237j:plain

「この話にはエンディングが必要なのだろうか?」脳内に湧き上がるシナリオを思いながらシャッターを切っていると、そんな風に思う瞬間がある。

 

行き交う人々、交差する時間、立ち止まる場所、その全ての時に現れる静止した瞬間こそが非常に劇的なのではなかろうか?

 

そして本来は静止画の撮影とは、終わりも始まりもないその一瞬を捉える行為であり、その瞬間の前後は、それを見た者が個々に妄想して前後を紡いでいくのだろう。

 

いままでもこれからも、そうありたいと願っている。

 

ふとそんな事を考えた、そんな夜なのです。